ロンドンの杜公園
 
 真栄里の海が見える高台にある公園。
 遊具、多目的広場やゲートボール場もあり、様々なレクリエーションができる。また、散歩コースも整備されており、木々の中の散策や昆虫採集も楽しめる。公園内には、異国人が住んでいたと言い伝えのあるロンドンガマ(洞穴)がある。
与座ガー
 
 与座集落西側に位置する湧泉。
 現在でも豊富な水量があり、糸満市の水道水や、地域の農業用水に用いられている。それ以外にもその豊富な水は公園に整備されたプールに引かれ、地域の子供たちの格好の遊び場になっている。校歌にも歌われている。
嘉手志川(カデシガー)
 
 学校近くの大里にある湧泉。
 昔は洗濯など生活の場として利用され、現在でも透き通る水面には、魚の群を見ることができ、夏には子供たちの水遊びの場所として親しまれている。近くには、南山城の遺跡が残されており、カデシガーの豊かな水が、城下の田畑をうるおして繁栄を築いた様子が偲ばれる。校歌にも歌われている。
南山城址

 沖縄では14世紀に入ると各地で城(グスク)を構えていた按司を束ねる強力な王が現れ、北山、中山、南山という3つの小国にまとまった。南山城はそのうちの南山王の拠点であった。現在、高嶺小学校はその南山城址内に建っている。校歌にも歌われている。
本文へスキップ

糸満市立高嶺学校

学校のいろいろ

学校の沿革      学校の周辺